Home > 形成外科

形成外科

形成外科とは、比較的新しい分野で、病気がもとで失った見た目を良くすることを目的とした外科です。例えば、乳がんのために失われた乳房を再建するとか、大やけどを負い、皮膚移植により、露出部の見た目を回復させるとかといった治療はこの診療科の担当です。また、先天性の多指症や俗にいうみつ口の手術もこの科で扱います。そのため、皮膚科を含めた各外科系診療科との連携が欠かせません。

診療科名から整形外科と間違われやすいのですが、整形外科は骨の疾患を主に担当するのに対して、形成外科は前述のようなケースが担当です。取り扱う疾患は全く違います。

また、形成外科は見た目と関わるところから、美容外科に関わる医師が形成外科の勉強をしている可能性はとても高いです。ただ、前述した疾患が原因のものは保険適応となりますが、美容目的のものは保険適用とはならず、全額自己負担となります。

病気は、そのものを治すことはもちろん、失ったものに対するフォローも精神的に与える影響が大きく、その点でもこの診療科の役割は大きいです。