Home > 肛門科

肛門科

肛門科は、正式には、直腸及び肛門外科いいます。痔だけでなく、直腸がんもこの診療科の担当領域です。肛門近くは、静脈が集中しており、様々な疾患と関連があると言われています。ある医学の歴史によると外科の始まりは、肛門科だったという説もあるほど診療科目の歴史としては古くからある科名です。

直腸粘膜、肛門周囲に集まる静脈から様々な疾患と関連があるとはいえ、やはり一番多い疾患は痔です。裂肛、いぼ痔、両者の複合的なものとタイプは様々あります。坐薬や軟膏で症状を抑える治療で改善されなければ、手術となります。また、いぼ痔だと思って受診したら、実は腸の一部が肛門から飛び出していたというケースもあります。排便時の出血も含めて、肛門に関するトラブルは、まずこの科に相談すると良いでしょう。

便秘や出産が原因で痔になる女性は少なくありません。現在、この診療科目を担当する医師は、圧倒的に男性が多く、女性の専門医が望まれています。