Home > 消化器外科

消化器外科

消化器外科は、消化器におこった疾患のうち、手術適応になるようなものを担当します。消化器は、食道、胃・十二指腸、小腸、大腸、肛門、肝臓、脾臓、胆道、膵臓を指します。したがって、今、挙げた部位のガンや、虫垂炎(俗にいう盲腸)、胆石、腸閉塞などが多な疾患として挙げられます。これらの領域のうち、大腸の下部である直腸と肛門については、肛門科と標榜されているところで診る場合がありますし、膵炎など膵臓の疾患の場合は、内分泌外科で診る場合があります。

先に掲げた消化器の各部位のうち、食べ物の通り道を消化管といいます。消化管の場合は、内視鏡技術が発達しているため、内視鏡検査ならびに内視鏡を使った手術もこの診療科で行います。

一口に消化器外科といっても、医師により得意とする臓器があり、さらに専門外来に分かれている場合もあります。受診される際は、ご自身がかかろうとされている医療機関がどのようになっているか確認されることをおススメします。